メニュー

PLで考える家計

【PLで考える家計】
 
 

前段で、バランスシートを取り上げましたが、イメージはつかめましたでしょうか?会計のコースではないので、「資産」「負債(ローン)」「資本」の3つがあるんだ・・というイメージだけで十分です。

ここでは、ホンモノライフプランを考える上でのもう一つの“決算書”とでも言うべきPL(損益計算者)をとりあげます。BSと比べて少し内容が細かくなりますが、“金額を面積でとらえる”という基本は、BSと全く同じです。

また、ここでは、“BSとPLが、どうやってつながるのか”が一番重要です。これが理解できれば、人生のファイナンスの大筋がわかります。これから細部をお話ししていくホンモノライフプランの骨格になる部分ですから、しっかりと理解してください。

1.「家計のPL」って、こんなもの・・

(動画)「家計のPL」って、こんなもの・・(5120311)


PL(家計簿)は、収入から費用を引いく「タテ計算」で利益(余剰金)を計算するものですが、BSと同様にこれを金額に応じた“面積でとらえる”ことは非常に重要なポイントです。この時、BS同様、「右」「左」がありますので、注意してください。

snapshot5120311 1


家計においては、毎月ベースで余剰金(貯蓄)が“出る“のが大前提。もし、費用が収入より上回っているのであれば、その差額(マイナス)は、ローンであったりクレジットであったりするわけです。

一時的なマイナスであれば大きな問題になりませんが、これが恒常化して、ローン(クレジット)残高が肥大すれば、いずれは収入でも賄いきれなくなる(これ以上、借りられない状態)と、最後には家計が破綻するということになります。この時、BSを見ると、「資産<負債」になっているはずです。

つぎに、PLの収入・費用の構造を詳しく分解すると下図のようになります。ここでのポイントは、収入が大きくならない限り、余剰金(貯蓄)を残せるかどうかは、“費用をいかに削減するか”であり、その費用の中で、自分の意志でコントロール可能なものを、これからは「家計」と呼ぶことにしましょう。

snapshot5120311 2

また、PLは1年間の家計運営(収入と費用)を記録したものですから、「家計の運動能力表」とも言えるものです(BSは「健康診断書」でしたね!)。

2.残ったおカネ(PL)はどこに行くの?

(動画)残ったおカネ(PL)はどこに行くの?(5120312)


いままで、BSとPLを別々に見てきましたが、その“つながり”が分かれば、そこに人生のファイナンスが見えてきます。BSとPLの目標をもう一度、確認してみましょう・・。 

 BSの目標資本を厚くすること(ホンモノライフプランの目標)。 
 PLの目標:家計をコントロールして余剰金(貯蓄)を生み出すこと。 

PLとBSは、余剰金(貯蓄)を通じて繋がって(余剰金が増える⇒資産(貯蓄)が増える⇒資本が厚くなる)います。PLで余剰金がたくさん出せれば、結果的にBSの資本が厚くなりますし、一方でBSに過大なローンがあれば、それだけ利払いが増えるわけですから家計負担が増えて、結果的にその分、余剰金が減ることになります 。

こうして、BSとPLは「余剰金と資本」で密接につながっているので、どちらか一方だけを改善することはできません。どちらもバランスよく、計画的に改善していくには相当の時間が必要ですし、これは人生のファイナンスを考える上で最も重要な点です。 

snapshot5120312 1


では実際に、BSとPLがどうやってつながるのか、簡単な数字を入れて見てみましょう。ここで注意したいのは、PLは“1年間の累積”ですが、一方でBSは“その日の状態”を示すものですから、実際には毎日刻々とその数字が変わっています。ここでは便宜的に、年始と年末のBSの変化を取り上げています。 

snapshot5120312 2
snapshot5120312 3


3. 資本を”厚くする”ということ・・

(動画)資本を”厚くする”ということ・・(5120313)


ホンモノライフプランにおいては、「資本を厚くする」ことが目標です。では、その目標達成のための戦略・戦術を考えてみましょう。 

<資本を増やす基本戦略> 

資本を厚くするためには、「BSでやること」「PLで出来ること」に、それぞれ二つあります。この他にもいくつか方法はありますが、特殊なケースになりますので、ここでは、この4つの戦略を、BS/PLをイメージしながら、しっかり理解してください。 

snapshot5120313 1

<資本を増やす基本戦術> 

実際の戦術としては、「家計のダイエットと倹約」ということになりますが、これは以降の幕でお話しますが、もう一つの戦術である「収入を上げる(維持する)」には、「常に自己研鑽して自分のValueを上げる努力をすること」が何をおいても重要だと私は思います。 

snapshot5120313 2


4. いよいよ”家計”に踏み込みます!

(動画)いよいよ”家計”に踏み込みます!(5120314)


BSだ、PLだと、いろいろ話をしてきましたが、あたりまえのことですが「家計をどう切り回していくか・・」につき、その結果として資本が厚くなるわけです。 

そして家計の管理では、費用を「コントロール可能かどうか」で切り分けしてから中身を吟味することが大切ですが、そのポイントは「絶対に必要な支出かどうか?」「削減できるとすれば、どれぐらいが適当か?」という点です。やみくもに一律での削減は、家計にかえって悪影響を及ぼしますし、第一、生活がつまらなくなります。“カネのために生活がつまらなくなる・・”これでは、本末転倒ですね。 

snapshot5120314 1


これから展開する「家計ダイエット大作戦」の予告編です。 

snapshot5120314 2

 

5. まとめ:PLで考える家計

(動画)まとめ:PLで考える家計(5120315)

いままでの、プログラムのダイジェスト版です。理解の整理にお役立てください。 

 

全編動画:PLで考える家計(5120310)放映時間:1時間4分

本チャプターを1本にまとめてみました。こちらもどうぞ・・

 

コース・トップページに戻る

 

Copyright©誠実経営研究所All Rights Reserved. - [login]